発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » 生理時の不快感

生理時の不快感

こちらでは、生理中の不快感が起こる原因や、その対策&解消法について詳しくまとめています。

生理時の不快感の原因ってどんなもの?

女性にとって生理中は、デリケートゾーンのムレやかゆみ、ニオイなどさまざまなことが気になりますよね。

「ナプキンをしていたら、かぶれてしまった」「ストレスを感じている時はナプキンがかぶれる気がする」「経血量が多いから常に夜用のナプキンをして過ごすので、ムレて気持ち悪い」など、なかなか人には打ち明けられないものの、生理時の不快感の悩みを抱えている女性は本当に多いようです。夏場などはとくにムレやかゆみなど、不快感を感じやすいようです。

生理時にデリケートゾーンが不快になる原因は様々あります。そもそも生理中は、肌が敏感になっているので、些細な刺激でデリケートゾーンに不快感を感じることが多くなります。 陰部が少しの刺激でもかぶれたり、ムレやすくなっているので、生理中はとくに肌に負担をかけないように心がけることが大切なのです。

また、生理用の紙ナプキンは、絶対に経血をもらさないような素材を使用しているので、そもそも通気性が悪く、それがムレの原因となってしまいます。そして、ムレることで雑菌が繁殖して、肌のかゆみやかぶれ、においの原因につながっていきます。そして、デリケートゾーンは皮膚の角層が薄いので傷つきやすく、傷口から細菌感染してしまうこともあるので、かゆみなどの不快感から陰部を傷つけないためにも、ケアを心がけることをおすすめします。

生理時の不快感をケアする方法をご紹介

以下に、生理中のそんな不快を取り除く対処策をまとめました。これらの対処法、生理時のムレやかぶれ、不快感が気になる方は、ぜひお試しくださいね。

ナプキンでかぶれる場合は、違うメーカーのものに変える

ナプキンはメーカーによってその加工方法や素材はさまざま。自分の肌に合うナプキンを見つけるべく、メーカーの違うものを試してみましょう。

布ナプキンを使用する

ナチュラル志向の女性の間で注目されている布ナプキン。布ナプキンは身体を温め、エコで生理中も快適というのが人気の理由です。ナプキンによるムレや、かゆみ、かぶれなどの不快感を解消してくれます。とくに、天然素材のものは通気性がよくさらっとしているのでおすすめです。

サニタリーショーツを変える

サニタリーショーツも素材や通気性、締めつけ感がないものを選ぶことが大事です。サニタリーショーツは、経血がもれないように化学繊維でできた締めつけのきついものが多いのですが、反対にこれが生理中の不快感につながってしまいます。生理中はむくんだり、お腹が冷えやすくなったりするので、ショーツはあまりきつくないもので、お腹までカバーしてくれるものが不快感を軽減することにつながります。最近では布ナプキン用のサニタリーショーツも売られているので、身体に優しい天然素材のものを選ぶと良いでしょう。

ジャムウ成分を含む石鹸などがおすすめです

ほかにも、生理中のデリケートゾーンのにおいやかゆみ、ムレをケアできる石鹸などがおすすめです。

  • ジャムウ成分を含むジャムウソープで洗う

生理時の不快感を防ぐためには、デリケートゾーンの洗浄にも気を使いましょう。まず、膣内を石鹸で洗うのはおすすめしません。膣内は細菌で守られていますが、石鹸で洗うことによって、良い細菌が死んでしまい炎症を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。生理時は特に過敏になっているので、ボディソープもおすすめしません。においやムレ、かゆみを防ぐジャムウ成分を配合したデリケートゾーン専用のジャムウソープが最もおすすめです。また、ゴシゴシ洗いもNGです。肌に安心安全なジャムウソープを丁寧に泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。

※生理中は使用を控えるようにと書いてあるジャムウソープもありますので、使用上の注意をよく読んでくださいね。

  • 辛い食べ物やお酒は避ける

デリケートゾーンにかゆみを感じる時は、刺激を与えないよう、食事の際に辛い物を避けることもポイントです。辛い物は刺激物なので、血行が良くなり、かゆさが倍増してしまいます。お酒も同様に血行が良くなるので、避けた方が良いでしょう。

  • 深呼吸で自律神経を整える

かゆみは神経が興奮しているために起こります。神経には交感神経副交感神経があり、交感神経が優位になるとかゆみが起きやすくなるので、深呼吸をして副交感神経を優位にする方法がおすすめです。 鼻から息を10~20回程度吸い、ゆっくりと口から吐き出すだけで、自律神経が整います。疲れている時やストレスを感じている時は皮膚の抵抗力が弱まって、デリケートゾーンがかぶれたり、かゆくなることが多いので、リラックスするよう心がけましょう。

  • 市販薬のかゆみ止めを使用する

最近では、デリケートゾーンのかゆみ対策などの市販薬が売られています。非ステロイド系の抗炎症軟膏がおすすめです。こういった市販薬は、かゆみが強くなってから防ぐのは難しいので、かゆみの初期段階で塗るのが良いでしょう。また、即効性がある飲み薬も市販されています。ただし強い眠気を誘うものもありますので注意してくださいね。

  • 異常を感じたら病院へ

かゆみやムレなどの不快感に加えて、おりもののにおいなどに異変を感じたら感染症も考えられるので、病院で診てもらいましょう。デリケートゾーンは一度悪化すると完治まで時間がかかることが多いので、気になったら婦人科や皮膚科で早期に診てもらうことをおすすめします。

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop