発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » おりもの

おりもの

こちらでは、デリケートゾーンの悩み「おりもの」について、その原因と対策・解消法を解説しています。

おりものって何で分泌されるの?!

デリケートな部分なので人には相談しにくいものの、おりものに悩んでいる女性はたくさんいらっしゃるようです。においや量に対する悩みがとくに多く、女性にとっておりものは、わずらわしいものと思われがち。でもじつは、大事な役割を担っているんです。

そもそも、おりものとは一体何なのでしょう?おりものとは、性器の分泌物の集合体で、具体的には子宮内膜から分泌される粘液や、膣粘膜からの分泌液や膣から剥がれた古い細胞、子宮頚管から分泌される粘液、外陰部の皮脂腺、汗腺からの分泌液などが混ざってできているのだそうです。

女性の生殖器は、外陰部にはじまり、膣や子宮などの内部までが一本につながった状態にあるので、雑菌が膣の内部に入り込むと、増殖しやすい環境にあります。また、大腸菌などが多い肛門のすぐ側に膣口があるので、雑菌が付着しやすい側面もあります。こういった雑菌から大切な生殖器を守るために、おりものが分泌されているのです。

多くの女性がにおいや量に悩んでいます

おりものはまた、こんな働きもあります。おりものの量や質は、生理の周期に合わせて変化するという特徴があり、とくに排卵日が近くなると、その量が増えて粘り気のあるドロドロとしたものになります。これは、精子が子宮内をスムーズに進めるように雑菌を排除して、子宮頚管から分泌される粘液の量が増えているために起こります。つまり、おりものは受精環境を整えるという重大な役割も担っているのです。

その他、おりものは、膣内の酸性を保って雑菌を防いだり、古い細胞などの老廃物を掃除して体外に排出することで、膣内の清潔を保つなどの大事な働きがたくさんある分泌物なのです。

こういった多くの役割を果たしているおりものですが、多くの女性がそのにおいや量に悩んでいます。一般的に健康な女性のおりものは、透明か白濁色をしていて、少し甘酸っぱいにおいがするのが通常です。排卵前のおりものはドロッとした粘り気がありますが、その後はのり状になります。下着におりものが付いて色が黄色く変わることがありますが、これは心配する必要はありません。

なお、あるアンケート調査によると、おりものに関する悩みの中では「量が多い」ことを気にする女性が最も多いという結果もあるようです。おりものの量は、個人差が非常に大きく、生理のサイクルで見ると一般的には排卵前に最も多く分泌されます。おりものの量にお悩みの方は、この生理サイクルを知って、量が多い時期にはおりもの専用のナプキンを使用することをおすすめします。

次いで、「臭いが気になる」という悩みを持つ女性が多いようです。そのにおいは、生理前に強くなるのが普通です。また、20代の頃はそれほど強くなかったという方も、体の新陳代謝が衰え始める30代はキツくなる傾向にあるようです。こういったおりもののにおいが気になるという方は、デリケートゾーン専用のにおいケアができる石鹸を使うことが最もおすすめです。においケアができ、皮膚にもやさしいジャムウ石鹸などで泡パックをすれば、さらに効果が高いにおいのケアができますよ。

病気対策のためにも清潔を心がけましょう

また、強い悪臭や異様な色や状態、かゆみを伴うおりものは、病気の可能性も潜んでいます。おりものの悩みは、量や臭いに悩んでいるものの、人に相談しにくく、病院に行くのも躊躇してしまいがちですが、以下のような症状がある場合は、性器の炎症や感染症などの疑いがあるので、婦人科で性病の検査などを受けましょう。

  • 酒かすまたはカッテージチーズ状のボロボロとした白いおりもの

こういったおりものが増える場合は「膣カンジダ症」の疑いがあります。外陰部や膣内に激しいかゆみが現れるケースもあるので注意しましょう。

  • 泡が混じった黄色や緑色の生臭いおりもの

この場合は、「膣カンジダ症トリコモナス膣炎」の可能性があります。外陰部に強いかゆみやただれが出る場合もあります。

  • 黄緑色っぽい膿のようなおりもの

こういったおりものが続き、鼻につくような腐敗臭がする場合は「細菌性膣炎」の疑いがあります。

こういったおりものの症状に悩んでいる方は、早めに病院で診察してもらい治療をしましょう。またその防のためにも、デリケートゾーンを清潔に保つことが必要です。おりものの洗浄やにおいなどの悩みには、ジャムウ成分を配合したジャムウソープが最もおすすめです。毎日バスタイムに使用するだけでおりものをケアできる優れものですよ!

 
ランキングをCheck
pagetop