発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » かゆみ

かゆみ

こちらでは、デリケートゾーンの悩みで多い「かゆみ」について、その原因と対策や解消法をご紹介しています。

女性にとってかゆみは地味につらい悩みです

デリケートゾーンのかゆみ。これってちょっと周りには相談しにくいですが、誰でも経験したことがある女性の悩みの一つですよね。デリケートゾーンは、下着やパンティストッキングなどで締め付けられる機会が多いので、敏感肌やアトピー肌の方ではなく、普通肌の方でもかゆみが起こりやすい部位とされています。

そして、生理中のナプキンやおりもの用のナプキンを使用していて、かゆみを感じるというケースも多いですよね。これらのデリケートゾーンのかゆみが一体どうして起こってしまうのか、その原因を調べて以下にまとめてみました。その対処法も掲載しているので、ぜひご参考にしてくださいね。

ムレやかぶれが主なかゆみの原因です!

デリケートゾーンのかゆみの原因の多くは、おりものによるムレや、下着やナプキンによるムレとかぶれ、また汗などが原因で起こります。

最近は吸収性に優れたナプキンが多いため、表面が汚れてないからといって、ついナプキンを変える回数が減ってしまう方が多いようですが、見た目では汚れていなくても、実際には陰部の湿気などで雑菌が繁殖してしまい、これがかゆみの原因になることがあります。

ストッキングやショーツなどのしめつけも、デリケートゾーンが蒸れるため、かゆみが生じるケースがあるようですよ。

また、敏感肌やアレルギー体質の方はとくに、デリケートゾーンにもかゆみが出る傾向が多いでしょう。普段は何ともなくても、ストレスや疲れで身体の抵抗力が落ちている時や疲れている時は、肌にかゆみが起こることもあります。糖尿病や妊娠中、抗生物質を服用中の人も、デリケートゾーンにかゆみが起こりやすいそうですし、更年期などでホルモンバランスが乱れている時期は、体が暖まったときにかゆみを感じるときがあります。

デリケートゾーンのかゆみは、こういった様々な原因がありますが、ほとんどの場合、深刻な病気ではないので安心してください。もちろん、あまりにかぶれやかゆみがひどい場合や、おりものに変化がある時などは迅速に病院で検診してもらってくださいね。

かゆみを撃退する方法ってあるの!?

それでは、デリケートゾーンのかゆみのを解消するには、どういった対策を取ればよいのでしょう。デリケートゾーンのかゆみのを解消するために良い方法を以下にまとめてみました。

  • 生理の時のかゆみ

こまめにナプキンを交換して、できる限りビデで洗浄します。トイレットペーパーは擦らずそっと当てるように使いましょう。

  • ナプキンの選び方を変える

ナプキンやおりものシートの吸水ポリマーが、人によって合わないことがあります。ナプキンなどに違和感を感じたら一度見直してみることもポイント。吸水ポリマーがNGという方は、布ナプキンを試してみるのもおすすめです。

  • デリケートゾーンの洗い方を見直す

デリケートゾーンは、ボディソープでゴシゴシ洗うのはNGです。専用ソープをたっぷりと泡立て、泡でやさしく外陰部だけを洗浄するようにしましょう。また、デリケートゾーンの乾燥を感じたら、ボディケアと同様にワセリンなどで保湿すると良いでしょう。いつも清潔にすることを心がけてくださいね。

  • 膣内部は使い捨てビデで洗う

とくに必要はありませんが、膣内部を洗浄したい時は、使い捨てビデなどで洗浄しましょう。ソープで膣の内部まで洗うと自浄作用が弱まって、炎症やニオイ、かゆみの原因になってしまうのでNGです。

  • アンダーヘアをケアする

アンダーヘアが濃く生い茂っていると、生理時の経血やおりものが毛に溜まって、かゆみやかぶれの原因になり兼ねません。かぶれやすいタイプの方は、事前にアンダーヘアを処理しておくと良いでしょう。

これらの対策をしてもかゆみが取れないという場合は、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎、パピローマウィルスが原因の尖圭コンジローマなどの可能性もあります。ひどくなるとデリケートゾーンの皮膚がただれたり、かゆみや痛みが出ることがあるので、その場合は早めに婦人科を受診しましょう。

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop