発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » 正しい洗い方とNGケア

正しい洗い方とNGケア

ここでは、デリケートゾーンの正しい洗い方・NGな洗い方について解説しています。

多くの女性がデリケートゾーンケアの仕方を間違えています

デリケートゾーンの正しい洗い方って、まじまじと教わることが無いので、意外と知らなかったりしますよね。実は間違った洗い方をしてしまっている女性は非常に多いそうです。
においや黒ずみ、かゆみ、ムレ、生理時の不快感といったデリケートゾーンのお悩みも、間違ったケアによって発生してしまうことがあるのです。

こちらでは、そんなデリケートゾーンへの悩み多き女性のために、「正しい洗い方とケア」と「NGな洗い方」をまとめました。ぜひバスタイムに取り入れてみてくださいね。

目次

 

デリケートゾーンの正しい洗い方とケア方法

皆さんは、デリケートゾーンの正しい洗い方を知っていますか?学校で教わるものではありませんし、親から教わる機会も意外となかったりしますよね。自己流で洗っているという女性も多いことでしょう。
そんな女性のために、意外と知らないデリケートゾーンの正しい洗い方について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
デリケートゾーンのにおいや黒ずみ、ムレ、かゆみなどが気になっている方にもおすすめの洗い方ですよ。

石鹸・ボディソープは泡立てる

デリケートゾーンは、基本的に優しく洗うことが大切です。デリケートゾーンは身体の中でも皮膚が薄く粘膜も多い部分。石けんやボディソープをそのまま付けると刺激が強過ぎるのです。
手や泡立てネットを使って泡立て、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

洗う順番は前→うしろ

デリケートゾーンは、アンダーヘア→陰核→性器部分→会陰部分→肛門という順に洗います。前から後ろという順番です。鏡でチェックしながら、こすりすぎないように気を付けて洗いましょう。

恥垢が溜まっている部分は、指の腹を使って重点的に洗い流してください。陰核の包皮に隠れている部分や、大陰唇と小陰唇の間の溝は、とくに恥垢が溜まりやすいので、こまめにケアしましょう。

アンダーヘアの洗い方

アンダーヘアの部分は、根元の肌をマッサージするようにしっかりと洗ってから、最後に毛の流れに逆らって手で軽く引っ張り、抜ける毛は抜いてしまいましょう。

アンダーヘアも、ほかの体毛と同じように周期的に抜けるものなので、これをすることでショーツに抜け毛がつくのを避けられます。爪を立てずに、指の腹を使って傷つけないように気をつけてください。
きれいに洗い終えたら、最後にシャワーでしっかりとすすぎましょう。

生理中はいつもより優しく丁寧に

生理中は普段よりもデリケートな状態になっているので、いつも以上に丁寧に優しく洗うよう心がけましょう。ニオイが気になるという方も多いと思いますが、基本的には膣内まで洗う必要はありません。

ニオイのケアができる、低刺激のデリケートゾーン専用のソープを使って洗うことをおすすめします。

デリケートゾーンのNGな洗い方とケア方法

普段デリケートゾーンをどうやって洗っていますか?清潔を保つためにゴシゴシ洗ったり、膣内もしっかり洗ったりして、汚れが溜まらないように自己流のケアをしている人は、今すぐストップして下さい!正しい方法で洗わないと、逆に悪い方向へと進んでしまうのです。

ここでは、正しいデリケートゾーンの洗い方を紹介していきますが、先にデリケートゾーンの洗い方が不十分だとどのようなリスクがあるのかを説明します。

①デリケートゾーンの洗い方が不十分だとどうなる?

正しくデリケートゾーンを洗わないと、以下のトラブルを引き起こしてしまいます。トラブルが発生しても、ケア方法を変えるだけで改善できますが、デリケートゾーンを傷つけてしまうと色素沈着してしまう恐れがありますので、前よりも黒ずみが酷くなっている場合があります。さらに、トラブル時の跡が残ってしまいキレイな状態を保ちにくくなるのです。

  • トラブル1(雑菌が繁殖する)

カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などの雑菌が繁殖し、様々な不快な症状が出やすくなる。

  • トラブル2(かゆみの原因になる)

かゆみの原因は雑菌ということが多いので、洗い方を見直すことでかゆみが軽減したという例もある。

  • トラブル3(においの原因になる)

元々、デリケートゾーンは入り組んだ構造で洗いにくく、アポクリン腺という汗腺も多く分布しているため、洗い方が不十分だとにおいを発生する原因になる

②病気の場合、洗い方を変えても改善しないことが多い

デリケートゾーンのにおいで悩む人の中には性感染症にかかってしまっている可能性もあります。性感染症にかかると、膣に違和感がある、かゆみ、おりもののにおいがきついといった症状が見受けられますので、デリケートゾーンを正しく洗っているのに症状が良くならないという人は、直ぐに病院で診察してもらいましょう。

  • 病気1(細菌性膣症)

膣内の環境が乱れて起こる病気。灰色のおりものが出て、悪臭が強いのが特徴(規則正しい生活や、ジャムウソープを使うと予防できることもある

  • 病気2(クラミジア)

性行為が原因となって起ころう病気。おりものの量が増えることや、不正出血が起こることがある。

 

デリケートゾーンの洗い方って、なかなか人に聞くことはできませんよね。雑誌やテレビなどで特集されることも滅多にないので、間違った洗い方をしてしまっている女性も多くいるようです。

ついついやってしまいがちなデリケートゾーンのNGな洗い方やケアの方法について以下に紹介していきますので、ご自身に当てはまるものはないか、チェックしてみてください。

タオルなどでゴシゴシ洗う

タオルでゴシゴシ洗ってしっかり汚れを落としたから、ニオイは大丈夫!なんて思っていませんか?実はこれは大きな間違い。膣には元々自浄作用があるので、力を込めて洗うと良い菌まで殺してしまい、余計に雑菌が繁殖してしまいます。

また、タオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと、摩擦によって黒ずみや色素沈着を起こしてしまう可能性もあるので、気をつけましょう。一度ついてしまった黒ずみは、元に戻るのにかなりの時間がかかります。
洗うときはタオルではなく手を使い、たっぷりの泡で優しく洗うことを心がけましょう。

ボディソープを使っている

これもよくあるパターンです。ほとんどの女性が、デリケートゾーンを身体と一緒にボディソープで洗っているそうです。しかしボディソープには界面活性剤が含まれており、敏感な部分に使うことはよくないとされています。たとえば、顔を洗う時にボディソープは使いませんよね。顔の皮膚は薄くて敏感なためです。

しかし、デリケートゾーンの皮膚は、顔の中でも特に薄いとされるまぶたの皮膚よりも薄いのです。いくら使用感が良くても、ボディソープをデリケートゾーンに使用することはやめましょう。

一日に何度も洗う

デリケートゾーンの汚れやニオイが気になって、一日に何度もお風呂に入り、洗っているという人はいませんか?デリケートゾーンは、一日に一度入浴時に洗うだけで十分です。

生理中はどうしてもニオイやかぶれが気になるかもしれませんが、洗浄を繰り返すことで反対に雑菌を増やしてしまう場合があるので、気を付けましょう。

膣内を清潔に保ってくれる「常在菌」という菌や、必要な皮脂まで洗い流してしまうと、クラミジアなどの性病に感染するリスクも高まるのです。

お湯のみで洗う

基本的にはお湯で流すだけでも十分と言われていますが、おりものが多い時やニオイが気になるとき、生理中や前後などは、膣垢が多くたまっているため、極力デリケートゾーン専用の石鹸で洗いましょう。デリケートゾーン専用のものは、弱酸性で肌に優しい成分を配合しているので、肌への大きな悪影響はありません。

ボディソープを使うとひりひりする、かゆくなってしまうといった理由でお湯洗いをしている敏感肌の人にも、デリケートゾーン専用の石鹸はおすすめですよ。

毛の処理をしていない

アンダーヘアの処理を怠ってはいませんか?実はこれもNG行為。アンダーヘアをそのままにしていると、デリケートゾーンがムレやすくなり、ニオイやかゆみを引き起こします。

おすすめのお手入れ方法は、やはり専門のクリニックなどで処理することです。自分で処理するのもいいのですが、デリケートな部分なので、毛抜きやカミソリの使用は避けましょう


これらの項目に1つでも当てはまっているという方は、早速今日のバスタイムから見直してみてください!正しい洗い方を学んで、健やかなデリケートゾーンを保ちましょう。

 

肌に安心安全なジャムウソープがおすすめ!

「毎日丁寧に洗っているのにニオイが気になる」「ボディソープで洗うとかゆくなる」といった方には、デリケートゾーン専用のジャムウソープがおすすめです。

ジャムウソープとは、古くからインドネシアに伝わる天然ハーブを調合した民間伝承薬・ジャムウ成分が配合された、肌にやさしく安全な石鹸です。ジャムウソープには高い消臭効果や黒ずみを洗い流す効果があることで知られており、生理時の嫌なかゆみやムレを防ぐこともできます。

ニオイや黒ずみをケアするには、ジャムウソープを泡立てて洗うだけでも高い効果がありますが、泡パックとして使うこともおすすめです。ジャムウソープを泡立てて陰部を洗った後に、泡をたっぷりとデリケートゾーンにつけて3分程度置きます。それを洗い流すだけでより高い効果が得られますよ!

デリケートゾーンのニオイや黒ずみ、ムレやかゆみにお悩みの方は、ぜひお試しください!

 
ランキングをCheck
pagetop