発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » 黒ずみ

黒ずみ

こちらのページでは、デリケートゾーンの悩みで多い「黒ずみ」の原因と対策&解消法などを掲載しています。

様々な部位の黒ずみに多くの女性が悩んでいます

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着は、においと並んで多くの女性が気にしている悩みです。根拠はないことなのですが、「バストトップやデリケートゾーンが黒いから、遊び人に見られてしまうのでは?」「彼に褒められるようなきれいなピンク色になりたい」などと、人知れず悩んでいる女性も多いようです。

また、デリケートゾーンやバストトップに限らず、ワキやビキニライン、膝や顔などの皮膚の黒ずみを気にしている方もいらっしゃるようです。女性の永遠の悩みの一つである「黒ずみ」、こちらの原因とは一体何なのでしょう?以下にまとめてみました。

デリケートゾーンの黒ずみの原因って何?!

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着を引き起こす原因は、おもに以下の6つとされています。

  • 肌質に合わないボディソープやボディクリームによるトラブル
  • 下着による締め付け
  • トイレットペーパーでの摩擦
  • おりものシートやナプキンなどによる、かぶれや摩擦
  • デリケートゾーンのゴシゴシ洗い
  • ムダ毛の処理を怠っている

もともと、デリケートゾーンはメラニン色素が活発なので、全身でも黒くなりやすい部位なのですが、さらに、下着によって長時間締め付けられたり、衣類がこすれるなどの刺激が加わるだけで、黒ずみが悪化してしまうことがあります。

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、メラニン色素が作られてしまうのが原因です。デリケートゾーンは他の部分に比べてメラニン色素の活動が活発であり、下着や衣服によって刺激を受けるとメラニン色素が表面に現れやすくなります。

肌に存在している角層の数は身体のパーツごとに違っており、最も角層が少ないのはデリケートゾーンとなっています。掌や足裏に存在する角層の数は50層ですが、デリケートゾーンの角層は6層と非常に少ないです。

そのためデリケートゾーンはメラニン色素が発生しやすく、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が肌に残りやすい場所といえます。デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は、肌のターンオーバーを促すことでメラニン色素を取り除いていきましょう。

肌への刺激によるメラニン色素の発生

メラニン色素が増えるのは主に紫外線が原因ですが、デリケートゾーンに発生する黒ずみは紫外線ではなく肌への刺激によって発生している可能性が高いです。

メラニン色素には肌を丈夫にする効果があり、分泌することで脆い細胞を守ることが可能です。

そのため角層が薄くて刺激を受けやすいデリケートゾーンは、下着の摩擦などによって黒ずみが発生してしまうことがあります。妊娠や出産を経験した後に黒ずみが発生するのも、肌への刺激によって発生したメラニン色素が原因です。

デリケートゾーンに黒ずみが発生するのを予防したい場合は、肌への刺激を防ぐことでメラニン色素の発生を防ぎましょう。

黒ずみが発生しやすい体質がある

メラニン色素の発生する量や頻度は、体質によって異なることが多いです。現在はスキンタイプをチェックすることで、自分がメラニン色素を発生しやすいかどうか判断することができます。

スキンタイプは一般的にJSTと呼ばれており、JST1と JST2、JST3に分類することが可能です。この中で特に黒ずみが発生しやすいのはJST3で、日焼け対策などを実施していないとメラニンの量が増えてることで肌がどんどん黒くなってしまいます。

スキンタイプがJST1の方はメラニン色素が発生しにくいため肌が黒ずむことはありませんが、光老化や光発がんといったトラブルが発生しやすいです。

こういったトラブルを回避したい場合はスキンタイプを調べ、クリームなどのケア用品を使うことで肌をしっかり守ってあげましょう。メラニン色素が発生しやすいスキンタイプであっても、対策を行なっておけば黒ずみの発生を未然に防ぐことは可能です。

黒ずみを解消するための対処法は?!

デリケートゾーンなどの黒ずみを防いだり、解消するためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょう?以下にその対策と解消法をご紹介していきます。

  • 下着のサイズを変える
  • 下着の素材に気をつける
  • ムダ毛の脱毛処理をする
  • トイレットペーパーで強く擦らない
  • デリケートゾーン専用のソープを使用する
  • 洗い方を改善する

これまで、下着のサイズがきつくて締め付けていた方は、直ちに少しゆったりめのサイズに変えましょう。きつめの下着をはくと、デリケートゾーンが強く擦れて、黒ずんでいってしまいます。また、下着の素材も、綿や絹などの肌にやさしい繊維にしましょう。綿や絹は通気性がよく、肌への刺激が少ないといったメリットがあります。形的に一番良いのは、ボクサータイプのショーツなのだそうですよ。

そして、デリケートゾーンのムダ毛の処理も大切です。性器の周辺は生理の血液がつきやすく、ナプキンによるかぶれや湿疹を繰り返すおそれがあります。こういった肌トラブルは炎症後に色素沈着などが残ってしまうため、ムダ毛をスッキリさせることで、デリケートゾーンがすっきりし、かぶれや湿疹などができにくくなりますよ。ムダ毛の量が多い人は、蒸れやすく、嫌なにおいの原因にもなりがちなので、気になる方はぜひお手入れをおすすめします。

さらに、入浴の際にデリケートゾーン専用のソープで洗うと一番いいそう。デリケートゾーンの皮膚は敏感なので、市販されているボディーソープでは洗浄力が強く、黒ずみの原因になることがあります。デリケートゾーンの洗浄には、肌に優しく美白効果が得られるジャムウソープがおすすめです。また、その際は洗い方にも注意しましょう。ゴシゴシ洗いはせず、専用ソープを手やネットでふんわり泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。

肌の黒ずみを解消するにはターンオーバーを促し、肌にメラニン色素が残らないように対応する必要があります。

加齢が進むとホルモンバランスに乱れが生じてしまい、メラニン色素が作られやすくなる可能性が高いです。年齢が若い女性もターンオーバーがきちんと行なわれていないと、肌に黒ずみが残ってしまうことがあります。

こういったトラブルを未然に回避したい場合は、規則正しい食生活や運動を行なってターンオーバーやホルモンバランスを正常な状態へと整えてあげましょう。

いくら身体のケアを行なっていても、生活習慣や食生活が乱れていると肌の黒ずみは発生してしまいます。ストレスや疲れが溜まらないように規則正しい日常生活を行なっていれば、肌に黒ずみが残ってしまうことはありません。

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop