発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » 黒ずみ

黒ずみ

こちらのページでは、デリケートゾーンの悩みで多い「黒ずみ」の原因と対策&解消法などを掲載しています。

様々な部位の黒ずみに多くの女性が悩んでいます

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着は、においと並んで多くの女性が気にしている悩みです。根拠はないことなのですが、「バストトップやデリケートゾーンが黒いから、遊び人に見られてしまうのでは?」「彼に褒められるようなきれいなピンク色になりたい」などと、人知れず悩んでいる女性も多いようです。

また、デリケートゾーンやバストトップに限らず、ワキやビキニライン、膝や顔などの皮膚の黒ずみを気にしている方もいらっしゃるようです。女性の永遠の悩みの一つである「黒ずみ」、こちらの原因とは一体何なのでしょう?以下にまとめてみました。

デリケートゾーンの黒ずみの原因って何?!

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着を引き起こす原因は、おもに以下の6つとされています。

  • 肌質に合わないボディソープやボディクリームによるトラブル
  • 下着による締め付け
  • トイレットペーパーでの摩擦
  • おりものシートやナプキンなどによる、かぶれや摩擦
  • デリケートゾーンのゴシゴシ洗い
  • ムダ毛の処理を怠っている

もともと、デリケートゾーンはメラニン色素が活発なので、全身でも黒くなりやすい部位なのですが、さらに、下着によって長時間締め付けられたり、衣類がこすれるなどの刺激が加わるだけで、黒ずみが悪化してしまうことがあります。

下着の締め付けや衣類の摩擦などの刺激によって、お肌の防御反応としてメラニンがたくさん作られる事が大きな原因とされており、生理用ナプキンやトイレットペーパーによる摩擦も、黒ずみの大敵なのだそう。気合いを入れ過ぎたデリケートゾーンのゴシゴシ洗いも、黒ずみを悪化させる原因となるので気をつけましょう。

黒ずみを解消するための対処法は?!

デリケートゾーンなどの黒ずみを防いだり、解消するためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょう?以下にその対策と解消法をご紹介していきます。

  • 下着のサイズを変える
  • 下着の素材に気をつける
  • ムダ毛の脱毛処理をする
  • トイレットペーパーで強く擦らない
  • デリケートゾーン専用のソープを使用する
  • 洗い方を改善する

これまで、下着のサイズがきつくて締め付けていた方は、直ちに少しゆったりめのサイズに変えましょう。きつめの下着をはくと、デリケートゾーンが強く擦れて、黒ずんでいってしまいます。また、下着の素材も、綿や絹などの肌にやさしい繊維にしましょう。綿や絹は通気性がよく、肌への刺激が少ないといったメリットがあります。形的に一番良いのは、ボクサータイプのショーツなのだそうですよ。

そして、デリケートゾーンのムダ毛の処理も大切です。性器の周辺は生理の血液がつきやすく、ナプキンによるかぶれや湿疹を繰り返すおそれがあります。こういった肌トラブルは炎症後に色素沈着などが残ってしまうため、ムダ毛をスッキリさせることで、デリケートゾーンがすっきりし、かぶれや湿疹などができにくくなりますよ。ムダ毛の量が多い人は、蒸れやすく、嫌なにおいの原因にもなりがちなので、気になる方はぜひお手入れをおすすめします。

さらに、入浴の際にデリケートゾーン専用のソープで洗うと一番いいそう。デリケートゾーンの皮膚は敏感なので、市販されているボディーソープでは洗浄力が強く、黒ずみの原因になることがあります。デリケートゾーンの洗浄には、肌に優しく美白効果が得られるジャムウソープがおすすめです。また、その際は洗い方にも注意しましょう。ゴシゴシ洗いはせず、専用ソープを手やネットでふんわり泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。

 
ランキングをCheck
pagetop