発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » デリケートゾーンの悩みと解消法 » におい

におい

こちらでは、デリケートゾーンの悩みで多い「におい」について、その原因と対策・解消法などを説明しています。

デリケートゾーンの悩みで最も多いのが「におい」

人には相談できないけれど、女性なら誰しもデリケートゾーンに何らかの悩みを抱えているのではないでしょうか?

あるアンケートによると、デリケートゾーンに関する悩みの中で、もっとも多かった回答が「におい」という結果があるそうです。デリケートゾーンはおりものの分泌などで、ある程度のにおいは誰でもあることなのですが、「自分のにおいは、ほかの人よりキツイんじゃないか?」「周囲の人に気づかれていないか?」「においが原因で彼に冷められないか」などと、考えれば考えるほど不安になってしまう方もいるようです。そして、普段はデリケートゾーンのにおいを特に気にしていないという方も、生理時の独特のもわっとしたにおいは何とかしたいという悩みを持っている方も多いようです。

においの原因は、雑菌が排出する老廃物です

気になるデリケートゾーンのにおいを解決するためには、どうしたら良いのでしょう?まずは、においの原因から解説していきます。

デリケートゾーンのにおいの原因は、ズバリ雑菌にあります。デリケートゾーンの雑菌が栄養を摂って繁殖することによって、排出される老廃物。まさにこれこそが、においを発している根源なのです。

また、においの種類も様々あり、雑菌の栄養となる物質と、それによって増える雑菌の種類によってにおいも変わってきます。雑菌の栄養になるものとしては、ショーツに付いたおりもの、尿、汗、アカ、生理で排出された血液などが挙げられます。とくに、おりものはタンパク質が豊富なため、雑菌の格好の餌となります。おりものは生理の2週間程前から量が増え始めるため、においが強くなるのもこの時期といえます。

そして、デリケートゾーンに多くある「アポクリン腺」という汗腺からは、アンモニア・脂肪など、雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。このアポクリン腺の数は個人差がありますが、この汗腺が多い方が何もケアをせずに放っておくと、雑菌が繁殖してしまい、デリケートゾーンのにおいがきつくなってしまう傾向にあります。

においの対策や解消法ってあるの?

ズバリ、においを解消するためには、デリケートゾーンを清潔に保つこと。この一点に尽きます。

まずは、バスタイムにデリケートゾーンをやさしくしっかりと洗うことが大切です。ただし、デリケートゾーンは皮膚が薄いため、たっぷりの泡と指の腹を使ってやさしく洗うよう心がけましょう。ゴシゴシ洗いは反対に雑菌の繁殖の原因にもなりかねません。汚れが溜まりがちな大陰唇や小陰唇などの溝には、恥垢(ちこう)がたまっているため、シャワーで流したくらいでは落ちないので、通常のボディソープではなく、洗浄力が強く低刺激なデリケートゾーン専用の石けんを使うことをおすすめします。

また、なるべく通気性のいいショーツを身につけることもポイントです。デリケートゾーンは、下着などの衣類をつけているためムレやすく、これが雑菌にとって居心地のよい環境となってしまいます。汗やおりもので汚れたら下着や衣服をまめに替えたり、トイレの際にはビデを使うなど、常に清潔さを保つように心がけましょう。最近では、通気性がいいおりもの用ナプキンが販売されているので、こちらも要チェックです。

 
ランキングをCheck
pagetop