発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » もしかして病気?デリケートゾーンのにおい・かゆみ » トリコモナス

トリコモナス

こちらのページでは、デリケートゾーンのにおい・かゆみの元になり得る「トリコモナス」の症状や原因、治療法などを解説しています。

トリコモナスってどんな病気なの?

デリケートゾーンのにおいやかゆみって辛いですよね。トリコモナスは、こういった症状を引き起こす原因となるデリケートゾーンの性感染症(性病)です。トリコモナスとは、じつは原虫という小さな虫のことをいいます。ほかの性感染症(性病)とは違って、若年層の男女だけでなく中高年にも幅広く感染者がみられる傾向にあります。

トリコモナスという原虫は、膣と尿道に住み着く特徴があるため、避妊具なしのセックスで感染します。ほかにも、便座や浴槽での感染なども知られています。トリコモナスは、乾燥には非常に弱い一方、水中では長時間の感染性があるため、こういった便座や浴室などが感染しやすい環境となってしまうのです。

一昔前に比べると、生活環境の改善によって全体的には減ってきているようですが、性行動の盛んな若者には増えている傾向にあります。

気になるトリコモナスの症状を解説します

トリコモナスに感染すると、一体どんな症状が現れるのでしょう?

女性がトリコモナスにかかった場合の症状は、泡状で悪臭の強い黄色いおりものが増えたり、外陰部や膣に強いかゆみを引き起こします。女性がトリコモナスにかかると、膣内のトリコモナス原虫が膣内環境を変えてしまうため、膣を清潔に保つ自浄作用が損なわれて、さまざまな細菌が発育増加をしてしまいます。こういったことが原因で、強いかゆみやおりものなどの辛い症状が現れることが多いようです。

また、妊娠中にトリコモナスに感染した女性は、細菌性膣症を合併しやすくなります。これらの病気が合併すると、細菌性膣症の原因菌が子宮に入り込み、赤ちゃんを守り育てている膜の炎症や胎盤の炎症などを引き起こし、その結果、お腹の張りや痛み、破水を引き起こして早産の原因になりかねないので注意が必要です。

一方で、男性がトリコモナスにかかった場合は、その自覚症状はほとんどありません。尿道や前立腺に感染して炎症を引き起こすのですが、尿道分泌物が多少増加したり、炎症も非常に軽いため、トリコモナスに感染していると気付かないことが多いようです。そのため、知らないうちにパートナーに感染させてしまう危険性があるので、注意が必要です。トリコモナスの検査は、各病院やクリニック、検査機関などで行っているので、少しでも症状が気になるという方は、すぐに病院に行って検査をしてもらいましょう。

トリコモナスはジャムウソープで予防できます

トリコモナスの治療や予防をするためには、どんな方法があるのでしょう?

トリコモナスは性感染症のため、ほかの性病とおなじようにパートナーとの同時検査や治療が大切になってきます。検査によって、女性に感染が確認された場合でも、男性は陰性と判定されるケースがあり、さらに感染を広げてしまわないように注意が必要です。

トリコモナスの治療は、経口・膣座薬を投薬することでトリコモナス原虫が消失し、膣内の自浄作用が回復することで、デリケートゾーンのかゆみなどのつらい症状が解消します。トリコモナスの内服治療薬を服用している間は、アルコールは禁止なので、治療中の飲酒は避けてくださいね。治療中に飲酒をしてしまうと、気分が悪くなったり、アルコール中毒症状が出ることもあるようです。

また、日頃からデリケートゾーンのかゆみやにおいを防止するためにおすすめなのがジャムウソープという石鹸。においやかゆみ、黒ずみなどさまざまなデリケートゾーンのケアに適した植物ハーブが配合された石鹸で、入浴時に使用することで、トリコモナスなどの性感染症の予防にも役立ちます。こういったアイテムを使って、日頃からデリケートゾーンを清潔に保つよう心がけてくださいね!

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop