発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » もしかして病気?デリケートゾーンのにおい・かゆみ » すそわきが

すそわきが

こちらのページでは、デリケートゾーンのにおいの元になり得る「すそわきが」の症状や原因、治療法などを解説しています。

すそわきがの原因は?汗に菌が付着して起こります

すそわきがとは、陰部周辺のわきが臭のことを言います。一般的にわきに起こるわきが臭が、デリケートゾーンで起こるというのですから、女性としてはとくに大きな悩みになってしまいますよね。

すそわきがの独特の嫌なにおいはどうやって発生するのかとうと、汗に菌が付着することで起こります。

汗が出る穴である汗腺には、大きく分けて2種類あります。それは、一般的に誰もが全身に分布しているエクリン腺という汗腺と、発達度合いに大きな個人差があるアポクリン腺という汗腺。この中のアポクリン腺という汗腺から出る汗は無臭なのですが、アポクリン腺から出た汗の成分を好むコリネバクテリウムという菌が繁殖してしまうと、独特のにおいが発生します。アポクリン腺が存在する部位は、わきの下、乳首周辺、陰部周辺などが挙げられます。そのため、デリケートゾーン周辺から発生したわきが臭が、「すそわきが」と呼ばれているのです。すそわきがの特徴としては、入浴直後はほぼ無臭になること。コリネバクテリウムという菌が繁殖するまでには時間がかかるので、入浴直後だけは無臭という方もいますが、時間が経つにつれてまたわきが臭が発生します。

すそわきがの様々な症状をご紹介します

すそわきがの症状にはどんなものがあるのでしょう?

すそわきがは、デリケートゾーンからわきがのようなにおいが発生することがおもな症状です。わきの下、乳首周辺、陰部周辺に分布するアポクリン腺は特有のにおいを持っているので、一般的なわきがのにおいは、玉ネギ、青ネギ、鉛筆の芯などのにおいに例えられますが、すそわきがの場合は、蒸れやすいデリケートゾーンであり、なおかつ排泄器官が近いという環境からも、さらに独特なにおいとして感じられる場合もあるようです。

女性のすそわきがはとくに、おりもののにおいと混ざることで、魚介系や発酵食品系のにおいに例えられるケースがあります。このほか、すそわきがの症状としては、アポクリン腺の分泌物が黄色い色をしているため、下着に黄色いおりもののような色が付くこともあります。これは、単なるおりものの場合とそうでない場合があるので、専門医による見極めが必要です。

また、すそわきがは場所柄、下着のせいで蒸れやすいため、体毛が濃い方や汗かきの方は、さらににおいが強くなる傾向にあるとされています。しかし、すそわきがは日本では「嫌なにおい」として認識されがちですが、わきが臭には異性を引き付けるフェロモンの役割があるといった説もあります。必ずしも、世界中の100%の人間が「嫌なにおい」と感じるわけではないようですよ!

すそわきがはジャムウソープで予防しましょう

すそわきがの予防法として、最も効果が高いものがジャムウソープという有効成分を含んだアイテム。ジャムウソープは、デリケートゾーン専用のにおいをケアする石鹸で、入浴時に石鹸の代わりに使用するだけで、においケアに関する高い効果と持続性を発揮します。ジャムウソープは即効性がある!という口コミも数多く見られるので、すそわきがを早く改善したい!という方にもおすすめのアイテムです。

さらに、夏場や生理時など、すそわきがのにおいがきつくてお悩みの方は、この消臭ハーブを贅沢に配合したジャムウソープで泡パックをすることを強くおすすめします!泡立てネットなどでジャムウソープをたっぷりと泡立てて、デリケートゾーンに塗って3分程度置くだけという簡単ケア。パックをしている間に、ジャムウソープで全身や顔も洗えるので、パックと言えども手間が無く続けることができますよ!

また、すそわきがのにおいは衣類に付着することも特徴です。すそわきがの臭いを消すためには、においが蓄積された衣類も清潔に洗う事が必要です。衣類を消臭する効果があるスプレーなどで、気をつけてケアしましょう。ショーツやパンツ、スカートなどもにおいをチェックして、ケアを心がけてくださいね。

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop