発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » もしかして病気?デリケートゾーンのにおい・かゆみ » クラミジア

クラミジア

こちらのページでは、においの元になり得る「クラミジア」の症状や原因、治療法などを解説しています。

クラミジアはもっとも多い性感染症です

クラミジアは、もっとも多い性感染症として有名な病気で、その患者数は、国内だけでも100万人にも達するといわれているそうです。クラミジアの感染経路は、セックス、アナルセックス、オーラルセックスなどのあらゆる性行為が原因で起こり、男女どちらもかかる可能性があります。クラミジアの感染者と日常生活で接しても感染はしませんが、予防をしない性行為があれば、誰にでも感染の可能性があるのがクラミジアの特徴です。ちなみに、オーラルセックスによる感染では、咽頭(のど)にも感染するので注意が必要です。

クラミジアの症状とはどんなもの?

クラミジアの症状は、男性の場合は、おもな症状として、「尿道からのうみなどの分泌物が出る」「軽い排尿痛がある」などの症状が挙げられます。 女性がかかった場合のおもな症状は、「おりものの量が著しく増える」「不正出血が起こる」などの異常が起こるケースがあります。クラミジアの潜伏期間は1~3週間といわれていますが、自覚症状を感じないため気づかない場合が多いので、注意が必要です。

クラミジアは多くの人がかかっているから平気、自覚症状がない程度だから大丈夫、などと高をくくっていてはいけません。クラミジアにかかったまま放置しておくと、知らず知らずのうちにエイズや淋病などの、ほかの性感染症へもかかりやすくなるというデータがあり、感染率はなんと3~5倍にもなると言われています。

クラミジアで注意が必要なのは、デリケートゾーンに起こっている症状に気づかないまま放置してしまい、結果多くの人に感染させてしまうというケースが多いことです。クラミジアかも?と思ったら、迅速に病院へ行き検査・治療してもらうことをおすすめします。

男女一人一人の早めの治療が必要です!

クラミジアに感染してしまった場合の治療法は、病院に行って投薬を受けること。通常の治療方法としては、抗生剤を使用して治療する事になります。完治させるには抗生剤を7~14日間程度に渡って内服していき、投薬完了後3週間以降にクラミジア菌の検出検査を再度行って、クラミジアの陰性チェックを行います。症状もなくなり、陰性が出れば完治したことになりますが、結果が思わしくない場合は、ほかの種類の抗生剤に切り替えて様子を見ることが必要となります。この治療法は、男女問わず同じ治療法が用いられます。

クラミジアの予防法は、ずばり感染を防ぐこと。感染を防ぐためには、一人一人がクラミジアの症状を確認して、早期に治療を受けることが重要です。男性は、排尿時の違和感や痛み、尿道のかゆみや不快感、膿のような分泌物が出るなどの症状が出たらすぐに病院に行って検査を受けましょう。女性は、おりものの増加や下腹部痛、不正出血、性行為の際の痛みなどある場合は、感染が疑われるので、病院でチェックを受けることをおすすめします。

また、クラミジアの予防法として自宅で簡単にできる方法があります。それは、インドネシアのハーブを調合した有効成分ジャムウを配合したジャムウソープを使うこと。デリケートゾーン専用のジャムウソープであれば、入浴の際に石鹸代わりに使うだけで、デリケートゾーンを健やかに保ち、クラミジアやニオイ、かゆみのケアなどが簡単にできます。かゆみなどの症状が気になるときは、ジャムウソープをよく泡立てて、デリケートゾーンに数分程度泡パックをしてあげましょう。こうすることでより高い効果が得られるので、おすすめですよ!

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop