発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » もしかして病気?デリケートゾーンのにおい・かゆみ » カンジダ

カンジダ

こちらのページでは、デリケートゾーンのにおい・かゆみの元になり得る「カンジダ」の症状や原因、治療法などを解説しています。

カンジダは膣の中にいる菌が増殖する病気です

カンジダとは、腟の中にいるカンジダ菌が増殖して、おりものやかゆみなどの不快な症状をおこす病気のことをいいます。

じつは、カンジダ菌自体は、健康な女性でも皮膚、口の中、消化管、腟に存在する“常在菌”なのですが、風邪や疲労、ストレスが溜まって抵抗力が落ちたり、ホルモンの変化などによって、この常在菌が腟の中で増殖することで発症します。女性の約20%が経験するとされている女性特有の病気でもあり、16歳~59歳の女性においては5人に1人が経験しているデータもある、非常に多い病気です。

カンジダはこのように、性感染症ではないのですが、再発を繰り返しやすい疾病としても知られています。

カンジダの原因と症状ってどんなもの?

カンジダを引き起こす原因は、不潔にしている、性交渉の頻度が多い、妊娠中、糖尿病、抗生物質やピル、ステロイドホルモン、抗がん剤などを服用しているなどの原因が挙げられます。カンジダ感染がある母親が出産すると、出産時に産道感染を起こすことがあり、赤ちゃんに先天性皮膚カンジダ症を発症する可能性があるので、妊婦さんは注意が必要です。また、カンジダは膣内の糖分(グリコーゲン)が多くなると繁殖します。女性の身体の排卵が終わって次の生理までの黄体期や、妊娠中やピルを飲んでいる時も膣内の糖分が増えるので、カンジダを引き起こすことがあります。

そして腟カンジダの気になる症状ですが、おりものの増加、嫌なにおい、強いかゆみが出て、ひどくなると強い炎症を伴うこともあります。ここまで症状が重くなると、治りにくくなってしまうこともあるので、ぜひ早目の治療を心がけてくださいね。

カンジダの予防にはジャムウソープが効果的!

カンジダ治療法としては、膣錠、膣坐薬、軟膏、クリーム、経口錠などさまざまあります。カンジダは一度発症したら再発しやすい傾向があるため、自身で気をつけて予防することが大切です。

日常生活で気をつけるべき予防法としては、通気性の良い綿の下着や、ゆったりとした洋服を着用すること。入浴や水泳の後は、デリケートゾーンを丁寧に乾かすこと。濡れた水着や湿った衣類を着ている場合は、すぐに着替えること。生理中以外のナプキンは、マメに交換することなどが挙げられます。カンジダ菌は、あたたかい湿気を好む性質があるため、乾燥することで繁殖を防ぐことができます。

また、毎日の予防法として、入浴時にはデリケートゾーン専用のジャムウソープを使用することがおすすめです。インドネシアで伝承してきたデリケートゾーンのケアに最適なハーブを配合したジャムウソープなら、カンジダの予防はもちろん、においやかゆみケアにも高い効果を発揮しますよ!ぜひこういった毎日のケアで、カンジダの悩みからサヨナラしてくださいね!

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop