発表!デリケートゾーンケアにおすすめのジャムウソープランキング
おすすめジャムウソープ BEST5 » もしかして病気?デリケートゾーンのにおい・かゆみ » 細菌性膣症

細菌性膣症

こちらのページでは、デリケートゾーンのにおいの元になり得る「細菌性膣症」の症状や原因、治療法などを解説しています。

「細菌性膣症」とは一体どんな病気?

細菌性膣症とは、魚が腐ったようなにおいがする魚臭帯下と呼ばれる、悪臭の強いおりものが出る病気であり、灰色のおりものが出ることも症状の一つです。細菌性膣症は性感染症ではなく、膣内の環境が乱れて起こる病気なのですが、この病気にかかるとデリケートゾーンからは悪臭がするため、パートナーなどに性感染症と疑われてしまったという経験がある方も少なくないようです。

細菌性膣症を引き起こす原因とは?!

細菌性膣症は、そもそも性感染症ではなく、膣内の環境が乱れて起こる病気なので、性行為などの感染経路では感染しません

もともと膣の中は普段、乳酸菌によって強い酸性に保たれていて、その作用のお蔭で大腸菌や悪臭の元となる菌が繁殖しない状態をキープしています。しかし、過度なセックスをしたり、膣洗浄を過剰にしたり、また疲労や体力の低下など原因で乳酸菌による自浄作用がなくなってしまうと、さまざまな菌が膣の中で繁殖し始めます。こういった症状が出てくると、結果としては膣内のデーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌に代わって、膣ガルドネラ菌が膣内を支配してしまい、それに伴って腸内の色々な嫌気性菌が増える結果となります。こういった流れで、嫌なにおいを伴う細菌性膣症にかかると考えられています。

また、妊婦さんも細菌性膣症の発生頻度が高いようです。妊婦さんはカンジダ症になりやすいといわれていますが、それ以上に細菌性膣症にかかりやすい傾向にあります。妊婦さんの子宮内に細菌性膣症の原因菌である膣カルドネラ菌が入り込むと、お腹の張りや痛み、発熱、破水を引き起こして、早産の原因にもなりかねないので注意が必要です。

細菌性膣症はジャムウソープで予防ができます

それでは、どうすれば細菌性膣症を治療したり予防ができるのでしょう?

まず、細菌性膣症のおもな治療法は、トリコモナスの治療薬としても使われるフラジール(メエトロニダゾール)膣錠という薬が効果的です。この薬は、乳酸菌を殺すことなく、膣ガルドネラ菌を退治してくれる効果があるので、細菌性膣症の疑いがある方は、すぐに婦人科に行き、こういった薬を処方してもらいましょう。

そして、細菌性膣症の気になる予防法ですが、通常通りにデリケートゾーンに乳酸菌が住み着いてくれる環境作りをしなければなりません。まずは、不規則な生活による疲労や暴飲に注意して、規則正しい生活リズムを作ることが大切です。それから、デリケートゾーン専用のケアができるジャムウの有効成分をたっぷりと配合したジャムウソープもおすすめ。入浴時にこのジャムウソープで優しく洗うことで、細菌性膣症の予防やにおいのケアに繋がります!

ジャムウソープランキング

 
 
ランキングをCheck
pagetop